接触冷感シャツで快適なんてカンタンだ!?バス釣りの暑さ対策に今年のこの一手

接触冷感コンプレッション
スポンサーリンク

サマーバスフィッシングのための暑さ対策

「夏が来るね」・・・

と小松奈々クンがCMで言っていたと思っていたらあっという間に「夏はやってきてしまった」感があります。台風が来て、暑くなっていつの間にやら夏になるのが・・・ニッポンの夏!

そしてそんなアツイ!暑い夏でも釣りをするのがバスアングラーであります。さすがに35℃以上になったらお休みした方がいいと思いますが~~~せっかくの休日を過ごす夏のフィールドです。

暑さと立ち向かいながら様々な対策を各自アングラーは講じていると思います。

何度も言うけど長袖がおススメです

中年アングラーの仲間入りを果たしているワタクシは、夏の日差しと暑さによる疲れ・疲労感と闘わないといけません。そうすると着用するものは必然的に長袖になります。

亀山ダムにて暑さ対策

亀山ダムでの筆者。釣友の最新ボートシステムをお試ししているところです。

気分は大女優。平日は、都心で働くオフィスワーカーと言うこともあり変に日焼けしすぎてもいかんな・・・と言う思いからか肌の露出は控えめにしています。

顔部分は、フェイスガードを愛用していて日焼け止めとダブルで対応しています。でも、暑すぎると息苦しいこともあってはずしてしまうこともしばしば・・・。そうすると焼けちゃうんだよなぁ。

今シーズンは『おたふく手袋』の接触冷感シャツを愛用

ちょっと前までは、多くのアスリートが使っているコンプレッションウェアの雄「スキンズ」を使っていたのですが、締め付けがキツすぎるところもあり最近はご無沙汰。

コンプレッションがゆるめで、かつ接触冷感タイプという事で現場系の職人さんたちが愛用しているコンプレッションウェアを使っています。暑い夏も外作業がありますから、冷感仕様はうれしい。釣りでもそれは転用可能!

現場系のお仕事をする人たちのコンプレッションウェアは、毎日使うものということでリーズナブルなのもうれしいところ。複数枚でのセット購入をする人もたくさんいるようですね。

2017年の夏もH-1グランプリ亀山ダム戦に出場という事で、前日入りをすることになっており2日連続の釣りをする予定なので2着目のコンプレッションウェアを購入しました。

接触冷感でありながら・・・スピード消臭ですよ。せっかくだったら爽やかに釣りしたいですよね。

接触冷感シャツ

パワーストレッチで、ほどよく体にフィットします。キツ過ぎないトコロもいい。(ギッチリフィットタイプは本気のアスリートさんにはナイスです)

接触冷感

肌を出している生の状態よりもこうした機能的なシャツを着ている方がむしろサラッとした状態で釣りができる不思議。

接触冷感

そして何よりも猛暑の時にうれしいのが接触冷感機能。秘密はポリエステルの特殊な形状。冷感ゲルを使ったものではなくて、布の仕組みそのもので『冷感』を体にもたらすのです。夕方になると寒く感じることもあります。

接触冷感

男の気になるオイニーも控えめにしてくれます。うれしいじゃないですか。エイトフォーとかも使えば、アフターフィッシングも万全よ。

接触冷感シャツ

なお、今シーズン選んでみた接触冷感コンプレッションウェアを作っているのは、作業用手袋メーカーのパイオニア「おたふく手袋」

軍手と言えば「おたふく手袋」ではないでしょうか?近年は手袋だけじゃなく、ワーク作業着のトータルメーカーとして有名なのだそうです。暑い中でも仕事をしなければならない現場から生まれた商品ですからそこに目をつけました。

何しろ、テスト回数がレジャー用とは比較にならないのでは?と思ったわけですよ。だから、プロ仕様のお徳用を転用しているのです。

おたふく手袋冷感接触シャツ

ホームセンターとかに行ってみたら、作業着メーカー『寅壱』のコンプレッションウェアもありましたよ。各社、様々な特長を打ち出していて選ぶのは楽しい。気になる方は、ワークマンとかに行ってみてもいいのでは。街道沿いにありますよね。

コンプレッションウェアの上から着るTシャツはメッシュタイプがいいよね

先日行きました、レジットデザインオーナーズミーティングでもらった副賞がメッシュシャツでした。

レジットデザインシャツ

コンプレッションウェアそのままの姿でも良いのですが、その上からシャツも合わせたい。オシャレなのももちろん、ポッコリお腹を隠す役目も果たせます。

そう、コンプレッションウェアは自分のたるんだ体に愕然とすることがあります。ボディラインくっきり・・・運動しなきゃ・・・ネ。釣りじゃ痩せないんだよなぁ。

接触冷感コンプレッションウェアは、ネットショップ等でもいろいろと検討できるのでお好きなのを買ってフィールドでお試しになってみてはいかがでしょうか。お値段的にも、ユニクロのエアリズムより安かったりもするし何よりも釣りが快適になります。(平日はユニクロのエアリズムを下着にしています)

より多くのサカナと対峙するためには体力と集中力の維持ですから、釣りにおけるウェアは、ロッドやリール並みに重要ですよーーー

 

 

暑さ対策については、旧ブログにて我ながらよくまとめたと言う記事があるのでこちらもチェックしてみてくださいな。

・・・もちろん水分補給を忘れずに!!!釣りに集中し過ぎると忘れがちになるんだよなぁ~~最近は『経口補水液』がスッと体に入っていっていい感じです。


スポンサーリンク



★関連記事★

Twitterで最新情報をお届けしています

接触冷感コンプレッション

シェアしていただくのはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

牛久沼を拠点に関東各地のバスフィールドを巡っているサラリーマンアングラー。牛久沼たまやサンデートーナメント、H-1グランプリ等に参戦中!出没フィールド:牛久沼、亀山湖、新利根川、相模湖、津久井湖、将監川、利根川…等々